ワンルームのキッチンにしては広めだと思っています。

でも料理の苦手な私には狭いのです。

FullSizeRender

段取り良く進めたいのに、置きたいところに置けず、並べたいところに並べず。

なるべく作業スペースを空けたい。

FullSizeRender

手際の悪い私にとっては、ほんのちょっとしたスペースにも助けられるのです。

ちょっとしたスペースをシンプルに後付けできるラック
 

とはいえ、洗いながら、片付けながら料理を進めないと、あっという間に余白は埋まる。

FullSizeRender

だから作業台の上にクロスを敷いての水切りは、私には難しいのです。

私にとっての些細な事情を汲みながら、慎重に選んできたつもりではありますが。
振り返ればどれほどの多くの水切りアイテムを使ってきたことか。

人に言うと呆れられるほどの種類を使ってきた結果。

私×小さめキッチンと相性が最も良く、いよいよこれが最終ではないかと思えた水切りカゴがこちら。

FullSizeRender

一周回ってノーマルなステンレスの水切りカゴになりました。

伸縮スライド式でシンクに引っかけられるんだけど、

FullSizeRender

手前側は固定されていて、奥側のみが伸縮します。

シンクから作業台に移動させるとき、グラグラしづらく、程よい安定感があります。

カゴの高さは6cm。

浅すぎると中に入れたものが外に滑り落ちる。
深すぎるとシンクが使いづらい。

私にとってこの高さは、ギリギリな感じです

IMG_4321

底の周りが少し下がって足のようになっているの、見えますか?

どんな風に撮っても分かりづらくて、すごく時間がかかりました

たったこれだけのことだけど、シンクの上から台に移動させたとき。
カゴがベタッと下に付かないので、水切りしやすいのです。

FullSizeRender

さらに目の向きのおかげで、器が網目に引っかかり、良い感じに立てて水切りできます。

料理中に使っているザルって、水垢が付きませんよね?
もしくは目立たないだけかもしれなけど。

それと同じくこの水切りカゴも、手軽に洗えるし水垢がつきそうにありません。

FullSizeRender

シンク下に引っかけるタイプだと、PC作業をしているときに洗い終えてカゴに入っている食器が見えにくいです。
これだけいろいろ出しっぱなしにして、見えたからどうした?という感じもしますが

FullSizeRender

ザルのようなステンレスの水切り。

お箸とかスプーンなどの細かなモノも、下に落ちてしまうことを気にせず、気楽に置けます。

洗った野菜の水切りに使うことも多い。

ここから取り、カットした食材は鍋・フライパンへ。

IMG_4320

炒めたり、煮込んだりしている間に、洗い物を片付けたら、次は盛り付ける器の準備。

この日はほうれん草とベーコンの炒め物。
プチトマトを一緒に入れて炒めるのが好きです。
食欲をそそる色合いになります。

幅や深さなど選べます

充分試して満足しました。
もうこれで水切り選びの旅は終わりにしたい。





リピ買いばかり











1クリックの応援をありがとうございます♩
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


愛用品を集めたり仮想ショッピングを楽しんでいます♩
myroom_banner


読者登録していただけると嬉しいです♩