食器用スポンジは2015年から使い始めてはや8年!

この私が珍しく浮気せずに使い続けています。


ただ、昨日記事にした洗剤の件がきっかけで、ちょっと別のタイプを使ってみようと思いました。



FullSizeRender

選んだのはキッチン用アミタワシ。

FullSizeRender

パッケージに入っていると、二つ折りになっているように見えるけど、この形で使います。

IMG_3830

V字にカットされた髪の毛より細いブラシが、汚れを掻きだすのだそう。

なので目の細かいザルなどに詰まった、細かい汚れを落としやすい。

茶渋も洗剤なしで落とせるらしいです。
茶渋のあるカップが見当たらないので、まだ試していません

IMG_3831

スポンジに比べるとほんの少し時間がかかるけど、洗剤の泡立ちも良いです。

FullSizeRender

サンサンスポンジでもなんら不便はなかったけど、使い比べるとこの薄さゆえに、挟んで洗いやすいですね。

IMG_3882

お借りした保存容器。

フタの溝までラクに洗えます。
これは非常にいい!

で、このスポンジの置き場所。

せっかく洗剤ボトルが省スペースなので、できたら専用アイテムを使わずに置けたらなあ。

FullSizeRender

で、蛇口に掛けてみたり

FullSizeRender

ボトルに乗せてみたり

FullSizeRender

フックで吊るしてみたりしたけれど。

IMG_3883

結局専用アイテムが一番スマートな気もする

置き場所はともかくも、アミタワシの使い勝手はいい。

ちなみにアミタワシを初めて使った日。

FullSizeRender

賞味期限が切れていたパスタソースを使ったんですよね。

なのでお皿を洗ったアミタワシは、がっつりとソース色に。

食器を洗う前にスクイージーである程度、汚れを落としていたはずなんだけど。

ソース、侮れません

それこそキッチンハイターでも吹きかけておけば、すぐに落とせたでしょうがそのまま放置。

だけど何日か普通に洗い物しているだけで、スポンジについていたソースの色は消えていました。

汚れを落とす道具が”白”だと、落とした汚れが目に見えて分かるメリットと、道具自体の汚れが目立つというデメリットが背中合わせですね。










1クリック、応援していただけると嬉しいです♩
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

愛用品を集めたり仮想ショッピングを楽しんでいます♩
myroom_banner