DSC01635.JPG

私もとうとう買いました。
無印のキッチンダスター。

DSC01636.JPG

長さは35cm×61cm
私は半分にカットして使ってます。

DSC01637.JPG

カットしてもほつれないのがこの素材のいいところ。

またなんといってもこの乾きの早さ。

DSC01649.JPG

この時期なら15分もあったら乾いているんじゃないかなぁ?
どのくらいで乾くか実証してみようとしてるのに
そのほんのちょっとが待ち切れず他のことしてしまって
気付いたら乾いてるというパターン( 一一)


メリットがたくさんあるダスターだけど
悩ましいのはこの量。
我が家にあの箱がまるごと収まる場所の余裕はないので
1~2ヶ月分ぐらいは無印のファイルボックスに。

DSC02594.JPG

縦、ジャストサイズ!!!
ゆるーく入れて30枚ぐらいです。
キッチンの吊り戸棚の手の届く位置に置きました。

残りは箱を処分してダスター1枚を使って
全部を包み巻き。

DSC02597.JPG

こちらも吊り戸棚の中だけど手は届かない場所。
ファイルボックスの予備がなくなるまで
この状態で保管します。

半分にカットして使ってるので
ひまーな時に切ってキッチン用のタオルと一緒に入れてます。

DSC02595.JPG

このかごは戸棚の下の吊り棚に。



小分けしてまた小分けして…の収納になってしまったけど
案外不便は感じないのでこのままかなぁ…

使い勝手は最高です!
食器を拭く → 台拭きとして使う → 掃除に使う
買ってから数ヶ月でこの流れがすっかり定着したせいか
最後の掃除に使うというのがとてもマメになりました(笑)
とにかく家中の拭き掃除をよくするようになったので
これは最大のメリットだったかも^^;

ただこのキッチンダスター。
説明に食器拭きには向かないっていうようなことが
書かれてあります。
素材…?

私の時間の使い方上 
食器を洗ったら自然乾燥の状態がほとんどなので
乾き切らずちょっと残った水分を拭きとるには
なんにも問題ないんだけど
ダスターが乾いた状態で
洗ったばかりの食器を拭くほどの水分を吸収するのは
ちょっと苦手なのかも?
ちなみに無印のキッチンダスターは
ポリエステル100%です。
同じような感じのカウンタークロスっていうのは
レーヨン100%で「こちらには
食器拭きに、台拭きに」って書かれてるし
拭き残しがないというようなレビューも多いです。

どれにしようか悩んでいる時に
おすそわけしてもらったクロス。

DSC02061.JPG

見た目ほぼ変わらないんだけどなぁ…。
でも拭き比べてみたらやっぱり違うような気もするような…

今使っている無印のキッチンダスターはこれ↓。

 

LOHACOで買いました。
1,900円以上で送料無料だし届くのが早いので
よく利用してます!

このダスターを買ってしばらくしてから同じくLOHACOで
「使いきりカウンタークロス」というのを見つけました。




こちらはサイズも色も無印のダスターとほぼ同じなのに
お値段は100枚¥1,697!
そしてレーヨン100%!

今度は間違いなくこちらを買うと思います!

先日いただいたメッセージで
こちらの商品は日本製ではないことを
教えていただきましたので
追記にてお知らせします。


布巾の時は洗って干して普通に使っているつもりだったけど
いただいたメッセージをきっかけに検索したら
まぁ…いろんなご意見があって驚きました。

洗い方は
①洗濯機で他のものと一緒に洗う
(洗剤が残らない・しっかり脱水できる)
②布巾だけ別で石けんで手洗いor煮沸消毒
(洗濯機の雑菌が気になる)

干し方は
①外で天日干し(日光消毒)
②室内干し(花粉・PM2.5を避けるため)

大きく分けるとこんな感じだと思うんだけど…
自分は親と同じことをしていて
結婚してもまたそこでも同じ方法だったので
今まで普通だと思ってたことを
「それはありえない!」って思う方も
いらっしゃるんだということですよねぇ…

みなさんはどうしてますか?って
質問されている方もとても多いので
これが絶対っていう答えが出にくいことが
布巾に限らず生活の中にはたくさんあるんですよね。
タオルの使い分けとか?
食材の保管の仕方とか?


ブログのおかげで私もいろいろ勉強になります。。。


今日も見に来てくださってありがとうございます!
↓ クリックしてもらえるととても嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ
にほんブログ村