浴槽のエプロンの掃除について、過去に何度か記事にしたことがあります。

掃除の仕方にカビ対策。
いくつか試したけれど、結局のところ遅かれ早かれカビは発生するわけです。

エプロンの内側以外はほぼカビを見かけないので、やっぱり換気なんだと思うんですよね。

分かってはいるけど、お風呂に入るたびに毎回エプロンを外すなんてことは現実的じゃないし。

たまに開けてササッと掃除できる方法があればそれでいいか。

手間がかからずきれいにできる方法&道具


基本的にはこのときの記事の方法を続けています。

ただ、洗剤はカビ取り剤からキッチンハイターなどの塩素系漂白剤に変えました。

洗い流す前のひと掃除に使っていた床掃除用のワイパーも、ほこり取り用のハンディワイパーに。

FullSizeRender

お風呂掃除専用ではないので、あくまで自己責任で使っています。

持ち手を伸ばすことができたり、角度を変えることができるのが、エプロンの内側を軽く掃除するのにちょうどいい。

キッチン用の塩素系漂白剤(スプレータイプ)を、エプロン内全体に吹き付けて30分ほど放置。

FullSizeRender

洗剤を洗い流す前にハンディワイパーを伸ばしてササッと洗います。

カビになる前のぬめり程度の汚れや髪などを掻きとることができます。

FullSizeRender

特に汚れている内側の排水口あたり、ササッと撫で洗いで汚れやゴミを取ってきれいにできます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
埃取りからぬめり取りまで重宝しています
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
ボトルがシンプルです
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

matsukiyo キッチン泡ブリーチ 本体 400g
価格:239円(税込、送料別) (2023/9/8時点)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

お風呂全体にカビが発生するならこれを使ったかも?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


FullSizeRender

外も内も清々しい。

たいして時間も手間もかからないし、いつもある道具でできる。

だから数ヵ月に一度、気が向いたときにササッと掃除できる。

気張らなくても、年間通して90%の清潔感は維持できているんじゃないだろうか?

ひとそれぞれにやりやすいやり方や、負担にならない頻度があります。

”快適”の温度差もありますしね。

正解も不正解もなく、ただ”私にとってのベスト”を見つけるだけ、ですね。








1クリック、応援していただけると嬉しいです♩
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

愛用品を集めたり仮想ショッピングを楽しんでいます♩
myroom_banner