子どもの頃から変わらない癖のひとつがギリギリ癖。

なるべく5~10分前までに到着して、一呼吸置ける余裕を持とう!と思っているのに、どういうわけかギリギリを攻めてしまう。

もはや無意識レベルでギリギリの計算をしているといってもいい。

自分だけで完結することはそれでもかまわないでしょう。

だけど人様とのお約束のときは、余裕を持って動きたい。
なのに”ちゃんと”気にしていないとギリギリの自動計算が始まってしまう。

ギリギリで滑り込んで、なんの問題も起きなければ幸いです。

だけど何か不測の事態が起きたときにギリギリ派は対処できる時間がないんですよね。
その結果頭を下げるしかなくなってしまう。

頭を下げるたびに「もう絶対にギリギリはやめて余裕を持って動こう!」と誓うんですけどね。

そんな私が対策のひとつとして取り入れているのが、壁掛け時計の時間を合わさないこと。

IMG_0845

我が家の壁掛け時計は2011年のブログ開設当時から使い始めたものです。

当時憧れていたブロガーさんのマネをして買ったもの。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
ジョージ ネルソン アスタリスククロック [リプロダクト]



一戸建てのお家の素敵な暮らしとふんわり柔らかいブログの雰囲気がとても好きで、仕事と一通りの家事が終わってから読むのが毎日の楽しみでした。

気が付けば、この時計を買った頃には想像もしていなかった暮らしにたどり着いていました。

そんな私の軌跡をずっと見てきたこの時計。

IMG_0846

数字も1分ごとの目盛りもないので、5分ごとのざっくりした時間しか分かりません。

さらにギリギリ癖対策で、ざっくり7~8分ほど針を進めています。

これをキリのいい5分にしてしまうと、計算が苦手な私でもその5分をサクッと逆算して、ギリギリを攻めてしまうんですね

だけど中途半端な7~8分にしておくと、計算が苦手な私は頭が逆算から逃げて、見えているその時間で動くことができるのです。

私はこれのおかげで何度もホッとする場面がありました。

意識することが難しいなら、意識せずともできる仕組みを作る!
これに限ります

IMG_0842

さて、これは私と同じギリギリ癖のある妹が持ってきてくれたガーベラ。
姉妹でまったく性格が違うのに、こういうところだけ同じ

普段はフェイクのユーカリを差しているだけのフラワーベースに活けました。
ガーベラのおかげで部屋がパッと明るいです!



1クリックの応援をありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

*Little Home* - にほんブログ村

新着記事をLINEでお知らせします



持ち物リスト38…壁掛け時計
持ち物リスト44…キャンドルホルダー(フラワーベース)