今日は昨日記事にした羽毛掛け布団の収納についてのお話です。

私は一年中掛け布団を出しっぱなしにしています。

夏でも「もし強盗に入られたら?」って思うと、窓を開けて寝られないんですよね
鍵を閉めてたって入られるケースもあるのでしょうが…考えただけで恐ろしい

なので毎年真夏は、熱中症対策も兼ねてエアコンを使うので、掛け布団を出したままです。

だけど来客時のワンルームでは、あまりにもベッド&寝具の存在感が大きいので、仕舞うようにしています。

その時に使うのが「クッションになる布団収納ケース」です。
これまでにも何度となく記事にしていますね♩

IMG_0661

いい感じに厚みのある生地は、ソファにも使われる素材なのだそう。
クッションにできるタイプの布団収納ケースは、いろいろ販売されていますね!
ただ、この生地感のものは見かけないような?

部屋に置きっぱなしにできるからこそ、ソファにも使われる生地っていうのはポイントが高いと思うんですよね。

IMG_0662

ファスナーはちょっとした高級感があって、しかも隠せる仕様になっています。
細やかな配慮が素晴らしい♩

IMG_0590

羽毛布団はシングルサイズ。
縦に三つ折りをしたら横に二つ折り。

その状態でカバーに入れようとするけど、羽毛布団のふくらみがすごい!

IMG_0591

それでもちゃんと閉まり、クッションとしてほどよい加減に。

大きいけれど取っ手がついているので移動もラクです。

IMG_0663

ファスナーを全開にすると、きれいに折り畳んでしまっておけます。

IMG_0664

せっかく出しっぱなしにできるカバーだけど、冒頭でお話した通り、私は1年中羽毛布団を出しっぱなし

なので普段この布団収納ケースは、夏用の敷パッド兼シーツと一緒に収納ボックスに入れています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
bon moment クッションになる布団収納ケース
 

以上、羽毛掛け布団の収納アイテムについてのお話でした。

さて、昨日は職場の壁と天井のペンキ塗りをしました。
実家と違って塗る範囲が広い!

一緒に作業していた同僚共々、最初に塗った天井でまず首がやられましたね

天井が大変すぎて壁を塗るときは「めっちゃ楽♩」って思ったんだけど、コレ完全に錯覚でした。

午後から始めたのに終わったのは深夜。
そのころには足腰ガクガクで、可能ならそのままそこで寝てしまいたいくらいの疲労感。

でも我が家には心地よく眠れる布団がある!
最後の力を振り絞って家に帰り、ゆっくりとお風呂に浸かり、ペンキで汚れた手を洗い、ようやく眠りについたのでした。

今日も午後からやり残した箇所を塗ってきます。
腰にシップ貼りまくって準備万全です!笑



明日から始まります



愛用品や気になる商品を集めています
myroom_banner



1クリックの応援をありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

*Little Home* - にほんブログ村

新着記事をLINEでお知らせします