昨日は母とのやりとりを思い出しながら
モノを捨てられない親に対して
どんな言葉をかけるか?
というお話でしたが
今日はさらに具体的なイメージを
妄想編としてお話したいと思います。

妄想のきっかけにするのは
「片づけるのは私がいなくなってからにして」
と母から言われたタイミングの会話。

実際に言われたときに
私はそっぽ向いてしまったけど、
もし今の私があの時に戻って
母に伝えるとしたらこんな感じでしょうか?

********

分かったよ。じゃあそうするね。
ただ本当にお母さんがいなくなったらさぁ
これだけのものを私が全部引き継げないし
ここに置いといてもお父さんは使わんやん?

となるとよ?
片づけるって言ったって全部処分することに
なるけどほんとにいいんかなぁ?
人にあげたら喜んでもらえるとか
ちょっといいお値段で売れるとか
そういう価値が私には分からんのよね。

あっ!!
まさかまさかの「なんでも鑑定団」に
出せるようなお宝とかはないよね⁉
そういうのメモっといてー!
お母さん、ノートに書くの好きやん?笑

あとね、さすがにこの量やん?
私が自力で処分しようとしたら
ものすごく時間かかると思うんよね。
でも私も生活があるし仕事もあるし…
お母さんの片づけにかかりっきりには
なれんと思うんよ…。

でね、そういう人が利用できる業者さんも
ありはするんだけど、
もしそこにお願いするとしたら
かなりお金がかかるんやって。

〇〇(友人)に聞いたんだけどね
あるおうちはモノを処分するってだけで
80万もかかったんやって!びっくりよ!
だからお母さんがいなくなってから
片づけてって言うならもちろんそうするけど
一応この費用を用意といてもらえたら
私も〇〇(妹)もお父さんも
すごく助かるし安心。

でももしお母さんが
これは絶対にいらないっって
思うモノだけでもごみの日に
出しといてくれたらそれだけでも
多少は片づけるものが減るよね?
そしたら業者さんに頼まなくても
私が自力でできるかもしれないから
そんなお金を用意しなくていいかもよ?

まぁ~もし今のうちに片づけとこか…って
気になったらいつでも声かけて。
なんかしゃべりながら一緒にやる方が楽だし
どんなもんが出てくるのか見てみたいし!笑

…っていうかこれって私も一緒よね?
私だって明日何が起こるか分からんもん。

お母さんに言いながら私も気になったから
今から帰って自分の部屋、やっとこう!

まぁ~なんか困ることとか
人手が必要な時がきたら連絡ちょーだいね!
手伝うから~

なにはともあれお互い元気でいないとね!
じゃっ!


*********
妄想…長っ!

あくまで想像だけどこんな感じかなぁ?
こういう会話はお互いが元気な時の方が
いいですよね。
実際「私がいなくなってから…」と
言われたのは母がまだ元気な時でした。
あれがチャンスだったかも。

でも、どうにか伝えられたとしても
どんな展開になったかは分からないし
今となっては試すこともできませんが。

台所_3267

なにも画像がないから…
なんとなく久々に実家の台所を。

私がDIYをした時の状態を維持して
使ってくれる父のおかげで
お正月も食器などの出し入れが楽でした。


ではまた♪


1クリックの応援をありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログを声でお届けします
standfm

日常をゆるっとつぶやきます
instagram

愛用品や気になる商品を集めています
myroom_banner

新着記事をLINEでお知らせします


フォローしてもらえると嬉しいです
*Little Home* - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村