検査_CYK0005

毎年、友人と胃カメラ検査に行きます。

きっかけは健康診断の項目に入っている
胃透視(バリウム)検査が
あまりにも苦痛だったこと。

以前は胃カメラも恐怖だったけど
今は”眠っている間に検査が終わっている”
という評判のクリニックのおかげで
ラクに検査を受けられます。

評判ゆえに予約したのは数カ月前でした。

待ちに待った?検査当日。
痛がり怖がりの私もさすがに回数を重ねると
気持ちにも余裕がある。

とはいえ最近、
絶好調という感じではなかったので
検査結果は少し心配。

ところが検査を終えたあとの先生の説明は、
「文句なしにきれいな胃」とのことでした

「少し心配」と思っていたのはどこへやら?
今年もまた安心できました。

検査と言えば私の父。

70歳を超えるまで
健康診断を受けたことがありませんでした。
病気にかかったこともなく
当然ながら手術も入院も経験なし。
昨日同じようなこと書いた

そんな父が突然「健康診断を受けてくる」と。
あんなに病院を嫌がって
家族が勧めても行こうとしなかったのに。

母の様子を見ていて思うところがあったようです。

受けてくると言ってからが早かった。
診てもらった結果、
血圧が高いと言われたそうで
「血圧計を買ってきてくれ」と頼まれました。

届けた日から父は毎日計測するように。

それから数カ月経ったでしょうか?
セルフチェックでは心配らしく
「定期的に病院でちゃんと診てもらう」と
ご近所の病院へ。

この父の行動が正解で
血圧とはまったく関係のない病気を
見つけていただいたのです。

年末に取り除く手術も終え
父は人生初の手術&入院を経験しました。

母の時に困ったことを解消していたこともあって
全てが順調に運んだんですよね。
準備から退院した後の保険の手続きまで
なんとスムーズだったこと。

父と母のコミュニケーションが取れていて
ちゃんと話ができる関係だったら
母もずいぶん楽で安心できただろうになぁ。

万が一に備えた準備は大事。
でも、向き合って話し合いができる、
ってことはさらに大事ですね。
これが簡単なことのようで難しいんですけどね



今日も見にきてくださってありがとうございます♪

にほんブログ村 応援をいつもありがとうございます
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

読者登録  新着記事をLINEでお知らせします
 

インスタグラム フォローしてもらえると嬉しいです
 Instagram

楽天ROOM 愛用品や気になる商品を集めました
myroom_banner

書籍|2019年12月6日 発売になりました!