*LittleHome*

Categories:■暮らし > つぶやき

人生の節目って喜びも悲しみもどちらの時も大きく大きく感情を揺さぶられます。でもその感情に浸っていられないほど現実的なことに追われたりします。進学や就職卒業や退職結婚のときも出産のときもそして人生の最期を見送るときも。振り返れば感情と現実の作業に翻弄され、

楽天マラソンで購入したトレーはオイルポットを置くためのものでした。今使っているアロマオイルがそろそろなくなりそうなので、初めて和製精油というオイルを買ってみました。クスノキから作られた天然100%の樟脳オイルです。木の香りがすがすがしくて家の中なのに何度

私の祖母は大腸がんを患い、入退院・手術を繰り返した末、21年前に他界しました。私たち姉妹が小学生くらいまで、共働きの両親に代わって面倒を見てくれた祖母です。手がかからなくなったぐらいから両親が経営する居酒屋の手伝いをし、自称看板娘だと言ってカラカラ笑い、お

シンプルですっきりした環境が大好きです。そういう暮らしができるように工夫することも大好き。なのになぜか突然、多分…初めて?「すっきり」という言葉から無性に離れたい感情になりました。すっきり疲れ…とでもいいましょうか?それって無理してるんじゃないの?って思

先日、林先生の『初耳学』という番組を見ていて、京都大学教官の瀧本哲史さんという方の講義のことを知りました。とても興味深いと思いさっそく検索すると番組で伝えられていた内容の記事はすぐに見つかりました。そこに書かれていた四天王寺中学の女子中学生に対する瀧本氏

賃貸住まいのなんてことない部屋ですが、この光景がすごーく好きです。冬の寒い時期なんて特に、ここでじーっとぼーっとしていたくなるほど癒されます。********あるブロガーさんが雑誌の中で『ライフステージが変われば使うモノも変わって当たり前』とおっしゃられ

私の身近に男女ひとりずつミニマリストさんがいます。お二人と会話すると衣食住だけではなく、生き方・考え方などすべてにおいて潔さを感じます。まずは女性のミニマリストさん。モノに対してこれがあれば充分、という量がとても明確。例えば洋服だと、色も形も必要な量も、

クリスマスの飾りを片付けてシンプルな部屋に戻りました。私の実家は私が生まれる前に祖母が購入しました。 建物は古く、家族以外の人が家の中に入るとあまりの傾きに気分が悪くなったと言われるほど。 お風呂もなくて毎晩祖母と妹と近所の銭湯に行っていました。 お風呂

ふと見渡すと便利なものに囲まれて暮らしていることを実感します。今更なんですけどね、オーブンレンジだとかエアコンだとかパソコンだとか。でも先日訪れた場所には土間にストーブがあって、その上に置かれたやかんから音もなく静かに湯気が出ていて、そんな光景にたまらな

これ、昨日撮った画像です。そうなんです!実は娘と沖縄に旅行に行ってきました!沖縄は私は新婚旅行以来、娘は人生初。2泊3日はあっという間でした。気温24℃前後で本当に過ごしやすくて、ほとんど半袖でいたような?空港からはレンタカーを借りて移動。驚いたのは運転の

↑このページのトップヘ