友人たちとの雑談で
『今のところどんなに見渡しても
手放せるものはないんだけど
でももっと部屋をシンプルな感じに
したいんだよね~』
なんて話題が出ることがあります。

突き詰めればもしかしたら
手放せるものはあるんじゃないかと思うけれど
ひとまずそれは横に置いておいて。

手放すものがないという前提で
シンプルにしたいと言われたときに
私が思うコツを3つお話します。

①床には床にしか置けないモノだけにする
IMG_5835

床にしか置けないモノ…と言ったら
家具になりますかね?

それ以外で床にあるものを一度
テーブルなりイスなりに移動させます。
とにかく床からものをなくしてみます。

これだけでも部屋の景色は変わります。
その景色をちょっと味わえたら次は…

②テーブルなどの平面に
ものを置くところと置かないところを分ける

IMG_5840

同じテーブルという役割でも
サイドテーブルの上にはモノを置くけど
ソファテーブルには何も置かない
という具合に分けてみます。

どちらのテーブルにもモノが置いてある状態と
比べたら見た目はかなり変わります。

③空白の壁面を作る
IMG_5836

窓際にはモビールを飾っていたりするけど

IMG_5837

こちら側の壁面は
なにも飾らず、置かず、空白にしています。

広い壁面に限らず、

IMG_5838

洗濯機上の棚など小さな壁面も。

ここにはポスターや
フェイクグリーンを飾ったり
洗剤やランドリーバスケットなど
いろいろ置いているけれど、

IMG_5839

その隣の冷蔵庫上には何も置かない、とか。

ワンルームでスペースに限りはあるけれど
それでもところどころに余白があると
何気にシンプルに見えるのではないかと
思っています。

置いたり飾ったりして楽しむインテリアが
難しくて”シンプル”に逃げ込んだ感のある
私の思うコツではありますが

ただ、これを実現しようとすると
どうしても隅っこに追いやられてしまうものが
出てくるのでそれらをどーしたらいいのよー!
ってことになりますね

でもこのまま何も手を付けられずにいると
時間ばかりが過ぎて景色は変えられません。

一方、どこか一カ所だけでも
”シンプル”な景色を作ることができたら
それがきっかけになって
ものを手放せるスイッチが入ったりします。

うまくスイッチが入って
執着だけで持っていたものを手放せたら
また余白ができて
シンプルな部屋を作る良い連鎖が始まります。

シンプルな部屋は少々乱れても
すぐに元に戻せますしね。

”シンプルな部屋”と言えば
実は先日、介護士さん向けのサイトで
お部屋&ブログを紹介していただきました。



こちらで我が家はシンプルな部屋に
見せるためのコンセントコードのこだわりに
ついて取り上げていただきました。
久々に以前の部屋を見て懐かしかったです。

というか!
一緒に取り上げられている他のブロガーさんの
お部屋が素敵すぎる!
ご覧いただけると嬉しいです。


ではまた♩



1クリックの応援をありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログを声でお届けします
standfm

日常をゆるっとつぶやきます
instagram

愛用品や気になる商品を集めています
myroom_banner

新着記事をLINEでお知らせします


フォローしてもらえると嬉しいです
*Little Home* - にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村