昔読んだ本の中にあった一文のメモ。

うまくいくことは過去の功績
うまくいかなかったことは未来の功績


なんの問題もなくスムーズに事が運んだ時は
過去の経験が生かされているということ。

思った通りにいかず、
悩んだり迷ったりするときは
未来に生かされる経験をしているということ。

うまくいくこともいかないことも
自分の人生にとって
なにひとつ無駄なことはないと
初心に返らせてもらえる言葉です。

ハニーディスペンサー_3687

まだ使い始めて5年だけど、
ハチミツを必要とする限り、
一生使い続けると思えるほど愛用している
ハニーディスペンサー。

実はこれにたどりつくまでに
さまざまなタイプのディスペンサーを
使っていました。

あくまで「私にとって」の失敗ですが
気づいたそれらを
ひとつひとつクリアすることで
自分史上最高のアイテムに出会えました。


これもまた小さなこととはいえ
「過去の功績」によってうまくいったひとつ
…と言ってもいいでしょうか?

ハニーディスペンサ_3693

レバーを押すだけで
ハチミツが手にも容器にも一切つくことなく
スムーズに入れられる。

ハニーディスペンサ_3689

今まで使ったディスペンサーとの違いは
このフタのところ。

フタを開けると少し広めの口から移し替えられます。

吊り棚_3695
ディスペンサーの定位置は吊り棚。

ハチミツは主に
ヨーグルトやドリンクなどで使っています。
料理でも、レシピによっては
お砂糖の代わりに使うことも。

ハチミツのメリットは低カロリーなのに
ミネラルやビタミン、
アミノ酸にポリフェノールと
体に良い栄養素も含まれていること。

ちなみに我が家が使っているてんさい糖。
ハチミツと同じく栄養価は高いんだけど、
カロリーも高いらしいです。←ハチミツとの比較

…てなことを知ると
ちょっとでもハチミツを使いたくなりますね


ちなみにリピート買いしているハチミツは
使いやすいボトルタイプ。

だからこのまま使ってもよさそうなものだけど
1kgは意外と重いので
日常的にこのボトルのまま使うのは
ちょっとメンドウ…。

それに以前、
ハチミツが固まらないようにするには?
で、調べたんだけど、

容器を上下にして
ハチミツが動く頻度が多いと
結晶化しやすくなるらしいんですよね。

ということで、詰め替えてでも
ディスペンサーを使う意味はある!
という結論に至りました。

使う頻度や
どんな作業をメンドウと思うかによって
その道具の要・不要は人それぞれになります。

これらがピタッと合った時に
長年にわたって使い続けられる
愛用となるのでしょうね。


今晩で終了♩さらに今日は5のつく日!



応援のクリックをありがとうございます♩
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


新着記事をLINEでお知らせします
 


愛用品や気になる商品を集めました
myroom_banner