IMG_1801

先日、実家のDIYを手伝ってくれたM子と
古民家カフェ 茜というお店に行ってきました。

カフェとしてリフォームはされているものの
実家感はそのまま。
小学生の頃、友達の家に遊びに行ったときのような
懐かしい感覚を味わえました。

「こんにちは~」
「いらっしゃい!中へどうぞ~」

築40年ほどだと聞きましたが
我が実家の客間とほぼ同じ雰囲気の
スペースがあって
活かし方でこんなにも違うのか!と衝撃でしたよ。
部屋に合わせた家具を選ぶって大事

私はぜんざいを注文したけどそういえば今年初!
記憶に残るほど甘さも小豆の柔らかさも
ほどよくとても美味しいぜんざいでした。

食事をしながらM子がトイレの神様の話を
してくれたんですよ。

もちろん私も耳にしたことはあります。
でもM子が教えてくれた話は初耳!

なにかの本で読んだらしいんですけどね、
M子の記憶にある言葉で説明してくれた話を元に
検索してみたところ
小林正観さんの本に書かれてあるようです。

どんな話かというと、
家が新しく建った時に7人の神様が全力で走ってきます。
1番早く着いた神様は応接間を選びます。
何も持たずに走ってきたので一番早く着いたと。
2番目に着いた神様は玄関。
3番目の神様は居間。
4番目の神様は寝室。
5番目の神様は台所。
6番目の神様はお風呂。
そして7番目の神様には最後に残ったトイレ。

その神様の名前はうすさま明王様。
なぜ一番最後になったかというと
背負った荷物の中身が金銀財宝だったので
重くて早く走れなかったから。

そんなうすさま明王様のいるトイレを
きれいにしておくとお礼にお金を与えてくれる
というお話だそうです。

この話をしてくれたM子は
毎日欠かさずトイレを掃除して
亡くなったお祖母様がされていたように
毎日欠かさず玄関も拭き掃除していると…。

いやぁ~スイッチ入りました。
M子の話を聞いたときからすでにやる気。

トイレ掃除もパパッとだったし
玄関なんて汚れが気になったときしか
できていなかったけど
毎日しようって思いました。

トイレ掃除_CYK0117

床の掃除は毎日しているんだから
その流れに加えてしまえば当たり前になるはず。

トイレ掃除_CYK0114

トイレの床までワイパーを拭き進めたら
そこでトイレ掃除をしてしまいます。

玄関掃除_CYK0125

部屋全体の床を拭き終えたら
ワイパーからシートを外して
裏面のキレイなところを使って拭き上げます。

改めて見るとこんな小さなスペースなのに
先延ばしにしていたんですね。

あとはこれが当たり前になるように続けるのみ。
ちなみにこういう行動は
約一カ月続ければ習慣になるそうですよ。



今日も見にきてくださってありがとうございます♪

にほんブログ村 応援をいつもありがとうございます
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

読者登録  新着記事をLINEでお知らせします
 

インスタグラム フォローしてもらえると嬉しいです
 Instagram

楽天ROOM 愛用品や気になる商品を集めました
myroom_banner

書籍|2019年12月6日 発売になりました!