昨夜は妙な夢を見たせいか熟睡した感がなくて目覚めも良くなかったような。
どんな夢だったのかまったく覚えてはいないんだけど、でもぐっすり眠っていないのは確か。
質のよい睡眠は大事です。

先日寝具についてご質問いただきまして、そのお返事は直接させてもらったのですが、記事でもまとめてみようと思います。

IMG_0392

寝ると体が痛くなっていたベッドを処分してからマットレス生活です。

基本の寝具

・マットレス
・ボックスシーツ(ベッドのマットレスに使っていたもの)
・羽毛掛け布団
・掛け布団用カバー

1年通してこのままです。
羽毛掛け布団すらも年中出しっぱなしです。
羽毛布団のカバーは無印良品の麻平織なんだけど、肌触りが優しくてすべすべしていて最高。
真夏でも足元にあると安心するんです(^^;

IMG_0393

少し寒くなると羽毛布団の上にリビングで使っているブランケットを掛けます。
視覚的にもあたたかく感じます。

 

IMG_0394

さらに寒くなると電気毛布が加わります。
寝ようかな?というタイミングでこの状態にしておくと、歯磨きをしたりリビングを軽く片付けている間に布団の中がいい具合にあたたまります。
布団に入った瞬間がほんわかあたたかいと幸せな気持ちに包まれるし、寝付きもいい。
そのあとは自分の体温だけで朝までちゃんと熟睡できるのでスイッチはOFFしています。
よほど寒い時は弱にして寝たけど。



小さいころからずっと、冬はこたつ派だったんだけど日本一のこたつむりになりそうな気配を感じたので昨年こたつを卒業しました。
その代わりが電気毛布。
こたつに比べると動きやすくなったし、電気代がお安いというのもメリットです。
うっかりこたつで寝てしまったときは全身カラッカラになったような感覚があったけど、電気毛布にくるまったまま寝てしまっても、そこまでにはなりません。
どちらにしても結局寝落ちしているという事実…

真冬で気温の低い時でも、朝お洗濯すれば夕方にはちゃんと乾いているので、洗い替えの必要もありません。
なのでカバー類もすべてひとつずつ。

IMG_0395

夏になると不要になるアイテムはたたんでもこのくらい。

IMG_0396

その時期だけ、クローゼットの上段にそっと置いておきます。
気温や体調に合わせて手軽に調整できる種類と量です。

そういえば?と気になったのがベッドパット。
昔は持っていたけどあれはなくてもいいものか?と調べてみました。

私は知らなかったんですけどね、ベッドパッドと敷きパッドって似ているようでいて実は役割と使い方が違うんだそうです。

まずベッドパッドはベッドのマットレスに汚れが付くのを防ぐもの。
またベッドの厚みを調整して寝心地をよくする役割もあるのだそう。
なのでマットレスの上にのせそれからシーツを掛けその上に敷きパッドを置くのが正しい使い方らしいです。

その敷きパッドの役割は、肌触りを調整するものなのだそう。
なので季節に合わせて選ぶのがおススメ。

なんとなく目にしていたけどそういえばそうよね、と納得。

で、ベッドではなくなり、敷布団がわりにマットレスを使うようになったので、楽に持ち運びでき手軽に窓際で干すこともできるからベッドパッドはいらない?
肌触りを調整する意味でなら電気毛布がその代わりになるからこれもいらない?

ということは夏用に、汗を吸収したりさらさらとした寝心地の良さを考えて、ガーゼ素材のタオルケットくらいは追加してもいいかも。

今はこれで睡眠環境も寝具の管理も収納もすべての面で満足しています。



クリックしてもらえるととても嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ミニマリスト

こちらもちょこっとのぞいてみてください♪
Instagram
 
LINEで更新をお知らせします♪