少し前に空箱はどうしているか?というご質問をいただきました。

これもまた私の場合、母が反面教師になっていると思います。
実家の父と母の寝室、仏間にはそれぞれ2間ずつの押入れがありました。
分散してはいたけどかき集めたら空箱だけで半間は使っていたんじゃないかなぁ…。
とにかく母は大小問わずどんな箱もゆくゆく使い道があるはず!と言って保管していました。
手作りすることが好きだったので箱に和紙や布を貼り付けて再利用することもあったので、ただ保管しているわけではなく、ちゃんと使っている様子はありましたけど。

それでも使い切れずに奥の方に押しやられたものは、どうしても朽ちてくるんですよ。
ただ静かに朽ちるだけではなく、まぁ…そういう環境が大好きなものたちのかくれみのになったりもするわけで…。

母の部屋の探検が好きだった私は、小さな体で果敢に押入れの奥を攻めていきました。
子供心に趣味の多い母の持ち物は宝探しの気分だったんですよね。
ただウキウキの反面思わぬ恐怖に遭遇することも…。
冒険と危険は隣りあわせです。。。

その恐怖の方が記憶にインプットされたからか?私はどちらかというと空箱は処分する派です。

空き箱1

先日iPhone Xに機種変更した際のこの箱もすでに処分済み。
数年前までは手元に置いていてリサイクルショップに持って行ったりしていたけど、前回の機種変更ぐらいから、下取りに出して購入価格から割引してもらっています。
その時に箱がなくても下取り価格は変わらないので置いておく必要がないんですよね。

その他の家電製品などの空箱もすべて処分。
もしその家電が不要になってリサイクルショップに持ち込むことになったときは、箱の有無で買い取り価格に差があるらしいです。
実際に確認したことないのでネットでの情報だけど。
ということは例えば、長く使うつもりはなくテンポよく買い替えて新しい製品を使いたいという目的があるなら、手放すタイミングの家電自体の価値もまだまだあるだろうし、さらに箱付きで買取価格をUPさせられる方がいいかもしれないけど、私の場合は使い切るつもりで購入しているし、買い取り額UPが最終目的ではないので箱を処分しやすい感覚なのかもしれません。

そんな私でもお菓子が入っていた箱などはウキウキするんですよね。

FullSizeRender

ちなみにこれは2年前にDAHLIA★さんからいただいたクッキーの缶。
たまらなく好みの雰囲気とサイズであれからずっとミシン用の道具入れとして再利用しています。

持っていること
処分すること
どちらが正しいとかそういうことではないけど、迷わずにすむ自分の基準っていうのは持っている方が楽だと思います。

あっ、ちなみにそれでも迷うものは無理やり使い道を考えます。
そして使ってみるとやっぱり迷ったモノってなにかしらの不便が出てくるんです。
そうなるとあきらめがつきます。笑



クリックしてもらえるととても嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ミニマリスト

こちらもちょこっとのぞいてみてください♪
Instagram
 
LINEで更新をお知らせします♪